・瓦




土を乾燥させ、高温で焼き上げて作ります。屋根材の中で最も耐久性があり、将来塗装の必要もありません。

弱点は、重量が重いことと、比較的に施工費用が高額になります。

 

・ガルバリウム鋼板



ガルバリウム鋼板は、アルミニウム、亜鉛、シリコンでできています。特徴は、トタン屋根より錆びづらい事と、軽量で建物の負担が少なく耐震性に優れています。将来的に劣化してきたときは、塗装が必要になります。

縦葺きのものと(上の写真)と横葺きのもの(下の写真)があります。縦葺きは主に勾配が緩やかな屋根に使われます。

 

・化粧スレート


カラーベストやコロニアルといわれたので屋根材です。セメントに繊維を混ぜ、固めたもので軽量で耐震性に優れています。また安価で施工性にも優れています。

弱点はヒビが入りやすいのと、色あせする事で、メンテナンスが欠かせません。

 

・アスファルトシングル


アスファルトシングルはグラスファイバー基板にアスファルトをコーティングし、細かい石粒を施しアクリル樹脂などで固定した屋根材です。

耐久性があり、軽量で耐震性に優れています。また、柔らかく加工しやすいため複雑な屋根形状にも対応できます。

弱点は、海外製品という事もあって多湿の日本に向いていなく、屋根裏に湿気がこもり易いことです。屋根裏換気をしっかりとって施工しなければなりません。

 

・天然石付き鋼板


天然石付き鋼板は、ガルバリウム鋼板に天然石のチップをコーティングしてあります。天然石の色合いそのまま使っているので、長期間塗装の必要がありません。軽量で耐震性にも優れています。弱点は、高価な事と遮熱性がさほどありません。

 

 


岡井屋根工事
〒310-0843
茨城県水戸市元石川町2498-8
代表携帯:090-8317-2447
電話/FAX:029-291-4064