今回の工事は、台風により棟包板金が飛ばされてしまい、その修理の工事です。

台風の被害の場合、火災保険の摘要を受けることができます。今回の工事も、火災保険適用にになりました。

 


約半分の棟包板金が飛ばされてしまっています。

 



残っている棟包板金を取外し、下地の貫板も取り外します。貫板は木材の物を使用しており、所々腐食している所がありました。腐食により棟包板金を留めつけてある釘の利きが悪くなり、

強風で飛ばされる原因になってしまいました。

 


そこで今回使用した貫板は、フクビ化学工業株式会社「エコランバー」を使用しました。この貫板は樹脂(プラスチックの様な物)でできていて腐食しづらくなっています。

 


また、棟包板金の留めつけには、元々は釘で留めつけてあったところを今回はビスを使用しました。これにより徐々に抜けてきてしまう事がなくなります。

 


棟包板金の重ねには、シーリング材を塗布して水の浸入を防ぎます。重ね代は10㎝です。

 


完成です!

 

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、お見積りは無料で承りますので、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


岡井屋根工事
〒310-0843
茨城県水戸市元石川町2498-8
代表携帯:090-8317-2447
電話/FAX:029-291-4064