2017年12月の一覧

年末年始休業のお知らせ

年末年始の休業のお知らせです。本日29日から来年1月4日まで休業になります。

今年も皆様のおかげで、大変充実した一年をすごす事が出来ました。来年もまた、一層皆様のお役に立てます様、精進して参ります。今年一年間ありがとうございました。

ROOGA 雅


門の屋根の施工です。今回使用いたしました屋根材は、ケイミュー株式会社「ROOGA(ルーガ) 雅(みやび)」になります。

 

元の状態の写真を撮り忘れたのですが、最初は横葺きのトタン屋根がのっていたのですが、錆びて穴が開いて塗装できないこともあり、葺き替えることになりました。お施主様の要望は、瓦を乗せたいという事だったのですが、門の築年数がたっていることもあり、瓦の重さに耐えられるか微妙でしたのでROOGAを使うことにしました。

このROOGAという屋根材ですが、非常に軽く丈夫で、重さは瓦の1/2以下という軽さです。それでいてハンマーで強くたたいてもなかなか割れません。屋根を軽くするには、とてもいい屋根材ですね。ただ、非常に値段も高価な物になります。屋根材の中で1,2位を争うくらいです。

見た目よく、軽くて丈夫でいい所が多いのですが、値段が高いというのがネックになってしまいますね。

 

 

岡井屋根工事は、茨城県を中心に屋根工事を行っております。屋根に不安のある方は、お気軽にご相談下さい

和瓦 葺き替え工事 続き その2


葺き替え工事の途中経過です。前回の葺き土撤去から杉皮を撤去しながら合板を張っていきます。その次に合板をはったところは、ルーフィングを敷いていきます。ここまで来ると、足元もしっかりしてきて安心してきますね(^^)

写真に写っていない面があり、杉皮撤去が終わっていない所がまだまだあります。先は永いですが頑張っていきます!

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事を行っております。屋根に不安のある方は、お気軽にご相談下さい

和瓦 葺き替え工事 続き


前に投稿いたしました、葺き替え工事の続きです。

既存の瓦を撤去すると、上の写真のように大量の土が出てきました。瓦を土だけで固定する「土葺き]と言われる工法です。そして土の下には、下の写真のように杉皮が敷いてあります。かなり昔の工法ですね!私も初めて見ました(^^)

この杉皮は、ルーフィングの役目をしています。昔の職人の知恵ですね。昔は今のように優れた材料がない分、色々考え、知恵をしぼって施工していました。このような古民家を解体していくと、昔の職人の技術や知恵を感じることができるのも楽しみの一つですね(^^)

これから杉皮をはがし、合板を張っていきます。工事が進み次第またご報告いたします!

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に、屋根の工事を行っております。屋根に不安のある方は、お気軽にご相談下さい。

Tルーフ クラシック カバ-ルーフ工法



リクシル「Tルーフ クラシック]を使用いたしまして、カバールーフ工法での施工事例になります。この屋根材は、ガルバリウム鋼板の上に石の粉をまぶしてあります。天然石なので、色あせも少なく、丈夫で耐久性にも優れており、その上軽いという非常に優れた屋根材です。ただ薄い屋根材なので、屋根材自体の断熱性はあまり期待できません。

 

 

岡井屋根工事は、茨城県を中心に屋根工事を行っております。屋根に不安のある方は、お気軽にご相談ください

▲TOPへ