2019年10月の一覧

カバー工法による屋根工事

 

こんにちは、岡井屋根工事です。

 

先日、施工を行ったカバー工法による屋根工事をご紹介します。

 

こちらは施工前の屋根です。

 


 

既存の屋根材の上に直接ルーフィングを施し、屋根材を重ね葺き(カバー工法)します。

今回のカバー工法では、LIXILのTルーフモダンという材料を使用しました。

このTルーフシリーズの屋根材は、表面に天然石を細かく砕いて粒状にしたものを接着してあります。天然石の色をそのまま使っているため、色褪せしづらくなっていて、今後メンテナンスの塗装が不要になります。その上、とても軽い屋根材なので、カバー工法にはピッタリの屋根材です。もちろん、新築や、既存の屋根材を剥がしての葺き替えにもいいと思います。

 


 


 

これで先日から行っていたカバー工法による屋根工事が完了です。

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根の葺き替え工事や修復工事を行っております。

屋根に不安がある方は、お気軽にご連絡ください。

 

和瓦から平板瓦への葺き替え工事が完了しました

こんにちは、岡井屋根工事です。

前回ご紹介した工事が、無事に完了しました!


こちらは作業途中の写真です。
使用した瓦は、鶴弥の「スーパートライ110 タイプI」。
粘土瓦では全国ナンバーワンのシェアを誇り、その特徴は耐防災性の高さにあると言えます。
詳しくはこちら


施工完了後の写真です。
和瓦と比べるとやはりスッキリした印象がありますね。

こちらはカラーバリエーションも多く、新築はもちろん
リフォームをお考えの方にもぜひお勧めしたい瓦屋根になります。

茨城県水戸市の屋根工事は、岡井屋根工事にご相談下さい!

▲TOPへ