ブログ

和瓦葺き替え工事

古い和瓦を下して、新しい和瓦に葺き替えるこうじです。

まずは、棟をばらしていきます。


 

棟をばらし終えたら、瓦を剥がしていきます。

昔の作りのお家で瓦の下は、ルーフィングではなく杉皮が敷いてありました。


 

瓦残を外して、杉皮を剥がしていきます。昔の建物は、下地の隙間がおおきいですね。


 

杉皮を剥がし終えたら、針葉樹合板をはっていきます。合板の厚みは12ミリです。

貼り終えると、安心して歩けますね。


 

 

合板を貼り終えたら、ルーフィングです。


 

 

今回はここまでになります。

 

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事を行っております。屋根に不安がある方は、お気軽にご連絡ください。

相談、点検、御見積は無料になってます!

 

 

 

 

 

 

北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震に被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

私たちも東日本大震災で僅かばかりではありますが、被災した身として、その大変さを思うと心苦しいです。

いち早く復旧が進みます様、社員一同願っております。

 

台風21号のお見舞い

岡井屋根工事でございます。

報道では実に25年ぶりといわれるほどの勢力で日本に上陸した台風21号、過ぎ去った後に残ったその被害には愕然とするばかりです。
皆様の安否はいかがでしょうか、社員一同心よりご無事をお祈りしております。
弊社は幸いにも被害がなく、お蔭様で通常どおり業務を行っております。

微力ながら、弊社の業務内でお手伝いできることがございましたらご協力させていただきます。
お困りの際はご遠慮なくお問い合わせください。

取り急ぎ、お見舞い申し上げます。

瓦棒葺き替え工事 その2

前回、瓦棒を解体して、耐火野地を貼りルーフィングまで施工しました。その続きになります。

 

DSC_0450



軒先部分とケラバ部分に捨て唐草を取り付けていきます。

 

DSC_0487



ガルバリウム鋼板立平葺き「スタンビー」を葺いていきます。

 

DSC_0499



壁際を立ち上げます。

 

DSC_0507



雨押え板金を取り付けていきます。

 

DSC_0549



屋根葺き完了です。

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、御見積は無料で承りますので、お気軽にご連絡ください。

暑中お見舞い申し上げます

お盆休みは8/12~16までとなります。今年の夏はいつになく暑いですが、皆様も体調管理にはお気を付けください。

 

瓦棒葺き替え工事

ただいま瓦棒からガルバリウム鋼板立平葺きに葺き替え作業中です。


まずは瓦棒の山の部分を切断していきます。

 

 


山の部分を切断したら、下地になる野地板を貼っていきます。今回、野地板は耐火野地を使用します。

 

 


耐火野地の上にルーフィングを貼ります。

 

今回はここまでになります。暑い日が続きますが頑張っていきたいと思います。皆様も体調管理に気を付けてください 🙂

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、御見積は無料で承りますので、お気軽にご連絡ください。

コロニアルグラッサ 新築工事

コロニアルグラッサを使用した新築工事を行いました

 


最初にルーフィングを敷きます。

 



屋根の先端部に軒先水切り、両端部にケラバ水切りを取り付けます。

 


コロニアルグラッサを葺いていきます。コロニアルグラッサ1枚につき、4本で釘止めします。

 


棟部分に板金を取り付けるための、下地を取り付けます。下地材は、樹脂製のものを使いました。木材と違って腐食しずらいのが特徴です。

 


棟板金を取り付けていきます。棟板金の重ねる内側には、シーリング材をしようして雨水の侵入を防ぎます。

 


棟板金をかぶせ終われば完成です。

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、御見積は無料で承りますので、お気軽にご連絡ください。

雨樋交換


今回の工事は、今年初めの雪で雨樋が外れてしまったお宅の雨樋交換工事になります。一部分だけでなく、他にも外れている所がありましたので、すべて交換しました。

雪の重みで雨樋が破損してしまったという事なので、火災保険適用になりました。火災保険は、火災だけでなく雪や突風などの被害にもつかえます。これは知らない方も多数いらっしゃいますね。


既存雨樋を取り外して新しい金具を取り付けていきます。


軒樋を取り付けていきます。今回使用した雨樋は、パナソニック「ファインスケア」になります。重厚感があり頑丈な雨樋です。


竪樋を取り付けます。写真の部分は、二階屋根から竪樋を落としていった所が、一階屋根の上なので、このように屋根の上を這わせて一階屋根の軒樋の中に入れます。

 

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、御見積は無料で承りますので、お気軽にご連絡ください。

 

雨樋

新築の雨樋工事です。


軒樋を吊る金具を、ビスで留めていきます。

 

 


竪樋のブラケットもビスで留めます。

 

 


金具類を留め終わったら、軒樋を取り付けていきます。

 

 


竪樋も取り付けます。

 

 


軒樋は、上の写真のように内側で吊るようになっています。

 

 

 


ベランダの排水です。二階屋根からの竪樋と合わせてあります。

 

 

雨樋は、屋根からの雨水を地上までスムーズに流す重要な役割を担っています。雨樋を破損したままにしておくと建物自体に雨水が伝って行って、外壁を痛める原因にもなります。雨水が落ちてくる音も気になりますよね。破損している場合は、早めの修理をお勧めします。

 

 

岡井屋根工事は茨城県を中心に屋根工事、雨樋工事を行っております。点検、相談、御見積は無料ですのでお気軽にご連絡ください。

いぶし瓦工場見学

淡路島の瓦工場見学に行ってきました。


ここの会社は、いぶし瓦の鬼瓦を主に製造しています。



大小様々な鬼瓦がありす。職人の方が手作りで黙々と作業していました。

古い鬼瓦を補修して再利用なんかもしています。


瓦を焼く窯です。役1000℃で焼くというお話でした。焼き物にしては、少し温度が低いみたいです。

丸一日焼いてから、窯の中に生ガスを入れて温度を下げ不完全燃焼をおこし、煙を発生させ、煙に含まれている炭素が瓦について色が出ます。

 

瓦の産地として代表的な三大産地は、三州瓦(愛知県) 石州瓦(島根県) そして今回訪れた淡路瓦(兵庫県淡路島)があります。

この工場の周りは、他にも瓦工場が多数あり、一般住宅も古民家が多く残っており立派な瓦屋根の家がたくさん建っていて、瓦の町という感じがしました。

▲TOPへ